July 18, 2005

Pivi 募集にTrackBack!

Piviっていう携帯で撮った写真を

その場でプリントできるプリンターがある。

チェキのようなインスタントフィルムに

撮ったデジタル写真を焼き付ける小箱だ。

プリンターとしては異様に小さいので

どこへでも持っていって撮った写真をプリントアウトして配れる。

ようするに携帯をチェキのように使ってもらうためのプリンタなのだ。





で、そのPivi のモニターを100人募集しているのだが、

Piviの公式blogにTrackBackすることで

モニター募集に応募することができる。

つまりblogからしか応募できないし、

たくさんの人にblogに記事を書いてもらうことで

宣伝効果をねらう、みたいな感じ。なるほどね。

前からPiviほしかったんだけど、いまいち購入に踏み切れなかったんで

オレもTrackBackで応募ダ!!




買わなかった理由はいくつかある。

まず気になったのは解像度。

カタログをよーくにらむと640 x 480 相当の解像度らしい。

プリントするフィルムがチェキより小さいくらいなので

それでも十分な気もするが、せっかくのデジカメ写真なのに

チェキで撮った写真より画質悪く見えるのが残念。

次に気になったのは接続。

携帯用なので赤外線で接続なんだけど

転送にスゲー遅せー。プリントも遅いから、

合コンで使ったとしてもプリント終わるころには

話題次に移ってるし。きっと。

もちろんそんな状態をくつがえして

こちらに注目を再び集めるスキルがあ(以下略)

あと電池の種類。小型化というか電圧上げるために

ちょっと特殊な電池を使わないと動かないですよ、このキカイ。

CR2っていう、よくフィルムのカメラにつかわれるリチウム電池なんだけど。

やっぱ電池なくなったらコンビニで買える種類のやつがいいな。

っていうか単三。


しかしPiviを買ってない最大の理由は買うタイミングだ。

Piviのターゲットはチェキを過去に使ってた

おねえさまがたなので本体の色がかわいい。

つーかピンクだの水色だのライトブルーだのオレにはチト、テレる。

で、迷ってるうちに2000円キャッシュバックキャンペーンが始まった。

実質8000円くらいになるなら買ってみようかと思った。

しかしそのキャンペーン後に、比較的色の落ち着いた

ブルーのPiviが発売されることに。

ライトブルーのPiviを2000円安く買ってちょっとテレながら使うか、

キャッシュバックキャンペーン後に発売されるブルーを買って大人になるか。


まよいに迷ってどっちも買わずに今に至るのだ。

つーかアメリカ版のPiviがそろそろ発売されるらしいんだけど

日本のPiviとは色だけじゃなくて形も違うゼ?

日本でもPivi新機種出ないの?

で、USBホスト機能がついてて、デジカメと直接つながったりしない?

ついでにパソコンとも直接つながったりしない?

こんなことばっかいう人はモニター候補生失格?


ちなみに赤外線経由ならPiviとパソコンをつなげられる可能性アリ。

前にヨドバシカメラ前の路上でPiviの告知をしてたおねえさんに

Piviを空中で持っててもらって、そこにオレのPDAから

ジュリさんの写真を送ったら無事プリントアウトされました。

だから希望とソフトがあればノートパソコンでも使えます。きっと。

おねえさんに空中でPiviを支えてもらってた滞空時間は約3分間でした。アリガトウ!




Piviを買いたいと思ってた理由はもちろん、

juriの写真を会った人に無理やりくばりまくるためデス。












あ、応募は今日マデ。アブネー。

で、結果。モニター募集、ハズレマシタ。

やっぱアングラとかネガティブなネタとか書ちゃだめだゼ、オレ様!

http://blog.excite.co.jp/pivi/i5

ってことでオネガイ。次のPiviは立派なUSBホストになってくださいな。

Piviレター

http://blog.excite.co.jp/pivi/




Pivi 2000円キャッシュバックキャンペーン

http://fujifilm.jp/special/pivicb/




富士フイルム、「Pivi」にFinePix Z1と同色のブルーを追加

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2005/04/26/1450.html




【PMA 2005】富士写真フイルムブースレポート

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2005/02/24/1047.html




#Piviへ画像を転送するのにつかったのはSigmarion 3 とEzOBEXというソフトでした。

 携帯の赤外線通信にはOBEXとかいう規格がつかわれてるみたい。

でもこのプロトコル、よくわからんです。つながればオッケー。

#もういっこPiviの問題思いだした。もともとPiviの前の機種の小型プリンタは

 チェキのフィルムがつかえた。でもPiviで小型化した代わりに

チェキより少し小さい、Pivi専用フィルムしか使えなくなった。

でもPivi専用フィルムだとチェキフィルムみたいにコンビニで売ってる可能性低そうだし

いつまでサポートしてくれるのか不安というか、将来Fujifilmはどっちをサポート

してくんだろうっていうところが気になる。気になる。