January 12, 2005

グラマラスのイタリア合コン

イタリア合コンツアーなる雑誌企画の案内を見た。

まずは案内の文章。

「読者から大反響で迎えられたイタリア合コンツアー、
開催地は、男が世界一カッコいいといわれるミラノ!」

これは女性誌vivi増刊「グラマラス」創刊記念企画だ。

なんとなく男性誌では絶対ダメな企画な気がするが、

女性誌ならオッケーらしい。

講談社的にもオッケーらしい。

「昼はブランドショップが並ぶ
モンテ ナポレオーネでショッピング、
そして夜はグラマラスな女にドレスアップして
イタリアンレストランで夢の合コン!」

目的があるから買い物も気合入るし。

スゲジュールはミラノ現地3泊の予定だそうで

「第1夜 現地独身イタリアーノ
 第2夜 現地在住独身日本人」


だって。第3(略)

ちなみに第1夜と第2夜の順番を逆にしなかったのは

企画者の良心かなとか考えるのは勘繰りすぎだゼ。


「日本の独身男子では飽き足らない、
出会いは世界を広げて自分の力で切り拓くものなのです。」

でもさ、この思い切りは男的にも気持ちがいい。

だってさ、ミラノに行って現地の女性を口説ける

日本人男性がどれだけいるよ?

そう考えると世界を広げて自分の力で切り拓女性の力は

男性としてもあこがれるものがある。


創刊企画ってことはきっと、講談社はこのジャンルの後発組なのだろう。

「みっともない」とか否定するのはカンタンだけどサ、

対象層にアピールするために、多少のリスクを承知で

確信犯的に思い切った企画戦略を講談社は打ち出したのだ。きっと。

そして彼らは、この積極性が読者に受け入れられると思ったから

実行したはずだ。

読者対象層の女性が潜在的に持つような

ブランド・セレブ・出会いってな感じの欲求への

答えとして、こんな企画を思い切れる女性誌はすごいし

あと内容を肯定的に受け取れる(はずの)

女性読者のイキオイもスゲーと思った今日この頃。

ちなみにお値段¥75,000,-也。どうよ!

http://www.joseishi.net/vivi/sp/200501-glamorous/italy.html

Leave a Reply